スポンサーリンク

SELECTION-SCREEN OUTPUT

画面制御のイベントブロック

SELECTION-SCREEN OUTPUT内でLOOP AT SCREEN命令 を使って
画面項目の表示・非表示を制御する

注意点としては、SELECTION-SCREEN OUTPUTには
ENTERや実行(F8)を押下した場合でないと入ってこないこと。

よくある要件としては、「ラジオボタンAからラジオボタンBに選択し直すと同時に
選択画面項目の表示・非表示を行いたい」。

この場合はSELECTION-SCERRN COMMANDというイベントブロックを作成し
ラジオボタンにユーザーコマンドを持たせればよい。

すると、ラジオボタンを選択するたびにイベントがキックされ、都度LOOP AT SCREENで選択画面項目を制御できる。

タイトルとURLをコピーしました